投資話に注意しましょう




マルチまがい的な商法の被害が後を絶ちません。
マルチ商法とは、ある商品等の販売目的で人を勧誘し、購入させたり会員にさせたりすると、それに対して報酬が貰えるビジネスです。
儲かる人はほんの一握りで、ほとんどの人は儲かりません。
マルチ商法は法的には合法ですが、そこに商品の流通がないと「ネズミ講」となり、違法行為になります。ネズミ講の場合、勧誘しただけでも罪になります。
マルチ商法は合法と言いましたが、勧誘時にきちんと説明することが義務付けられており、ほとんどのマルチ商法がきちんと説明されていない点がしばし問題となるのです。
きちんとした説明どころか、「必ず儲かる」とか、「1ヶ月もすれば元は取れる」等の射幸心を仰ぐ強引な勧誘が、後日トラブルとなるケースが多いのです。

続きを読む

キャッシングHelpトップ

(C) 2013 キャッシングHelp